海上保安庁 100のトリビア
2013年3月号増刊 通巻第775号

 好評トリビア・シリーズの第5弾は,緊迫した尖閣警備で注目を集める海上保安庁がテーマ。意外に知られていないその実像を,海上保安庁が掲げる7つの主要任務に分け,さらに懐かしの船艇や航空機の歴史,海上保安庁に大きな影響を及ぼした事件・事故,海保にまつわる四方山話など100のトリビアで紹介。4択クイズ100問付き。

本体1,905円+税 税込価格の換算表はこちら
送料200円
B5判152頁(カラー8頁)



特別キャンペーン!
送料無料オンライン注文受付中
 

ここをクリック!

*送料の無料サービスは日本国内限定です。
●目 次----------------------------------------------------------------------------------------
〈巻頭カラー〉颯爽と! 船艇・航空機・海上保安官の横顔
     旗と階級章 / 海上保安官 制服アラカルト

海上保安庁 管区別担任海域

 第1章 海上保安庁の基礎知識 〈滝川 徹
1)海上保安庁とは?(サンプルPDFファイル)
2)海上保安庁 組織の変遷
3)海上保安官ってどんな人?
4)海上保安官になるには
5)海上保安庁の旗と制服,階級章

 第2章 治安の確保 〈滝川 徹 / 米田 堅持〉
6)海を守るってどんなこと?
7)警備救難部とは?
8)三密阻止! 海上保安官は海の警察官
9)21世紀式海賊対処法
10)テロ許すまじ!
11)警備業務を優先したフネブネ
12)どっちがどっち? 特殊警備隊と特別警備隊

 第3章 生命を救う 〈滝川 徹 / 米田 堅持〉
13)海難の現状
14)「海猿」の種類(サンプルPDFファイル)
15)自分の命は自分で守る! 自己救命策3つの基本
16)救難業務を優先したフネブネ
17)頼りにしてます,お医者さま!

 第4章 青い海を守る 〈滝川 徹 / 米田 堅持〉
18)海洋汚染防止も海保の仕事
19)駆け回る巡視艇 油防除船艇とは?
20)油処理剤は最後の手段 油回収装置あれこれ
21)建造費は文科省から 放射能調査艇
22)役に立ちます 漂流予測

 第5章 災害に備える 〈滝川 徹 / 米田 堅持〉
23)海は危険がいっぱい? 人為災害と自然災害
24)備えあれば 連携訓練と防災機材の確保
25)東日本大震災の教訓
26)災害対応業務を優先したフネブネ(サンプルPDFファイル)
27)防災のスペシャリスト 機動防除隊

 第6章 海を識る 〈谷 伸〉
28)海洋情報部とは?
29)音が頼り 測量ノウハウ
30)電子海図と紙海図
31)大陸棚の画定と防災調査
32)測量船あれこれ(サンプルPDFファイル)
33)海の情報,提供します!
34)レーザーで衛星を狙い撃ち! 下里水路観測所

 第7章 航海を支える 〈編集部〉
35)海上交通の基本
36)交通部とは?
37)電波航法の新旧
38)航路標識あれこれ
39)基本はアドバイザー 海上交通センターの役割
40)期待のホープ AIS
41)航路標識業務に携わるフネブネ

 第8章 海をつなぐ 〈滝川 徹〉
42)インドは“旧友”?! 海保の国際交流
43)世界のコースト・ガード
44)国連海洋法条約と海洋基本法
45)国際的な海事機関には何がある?

 第9章 なつかしの海上保安庁船艇 〈飯沼 一雄〉
46)海上保安庁初の新造巡視船「あわじ」型
47)ルーツはイタリア魚雷艇 新造巡視艇「そよかぜ」型
48)連合国軍総司令部(GHQ)の干渉
49)前身は海防艦 巡視船「おじか」型(サンプルPDFファイル)
50)シンボルはレドーム 巡視船「いず」型
51)「宗谷」と「そうや」
52)練習船「栗橋」と「こじま」
53)姉妹は109人 巡視艇「ちよかぜ」型
54)機雷の海で 掃海船一覧
55)海上保安庁の大型測量船「拓洋」と「昭洋」
56)海保が潜水艦を保有!? 潜水調査船「しんかい」
57)世界に一隻 大型航路標識測定船「つしま」
58)灯台の守り手 灯台補給船「若草」
59)2隻建造された設標船「みようじよう」

 第10章 海上保安庁の翼 〈航空機課 / 航空業務管理室〉
60)航空機を運用するには
61)航空機用特殊機材
62)海保航空機の歴史・昭和編
63)海保航空機の歴史・平成編(サンプルPDFファイル)
64)航空機は整備が肝心!
65)海上保安庁の航空機はなぜ種類が多いのか
66)航空機課・航空業務管理室の役割

 第11章 海保に影響を及ぼした事件・事故 〈三宅 教雄〉
67)草創期の海上保安庁に影響を及ぼした事案
68)明神礁の悲劇 測量船「第五海洋丸」
69)台風おそるべし!
70)古くて新しい悩み 不審船事案
71)大型船事故は大災害に
72)海を汚すな! 四日市港公害事件
73)SAR条約と改正SOLAS条約
74)尖閣諸島を巡る諸問題(サンプルPDFファイル)
75)大地震と海上保安庁
76)輸送船「あかつき丸」護送作戦

 第12章 船と翼の四方山話 〈米田 堅持〉
77)海保船艇の分類
78)運用司令長とは? 海保船艇の船内部署
79)船の整備期間と行動日数
80)船艇は努力の結晶! 装備技術部について
81)改名回数記録ホルダー 巡視船「れぶん」
82)菊の御紋はないけれど 御召巡視艇
83)こんなフネもあります
84)謎の監視取締艇 「X」
85)船の名前と航空機の愛称
86)S字章と海保船艇・航空機のカラーリング(サンプルPDFファイル)
87)海保のホットバンク? 巡視船艇の複数クルー制
88)復活! MA-722号機とMA-860号機

 第13章 海上保安庁の指揮・後方施設 〈米田 堅持〉
89)海保オペレーションの要 運用司令室
90)海保のスペシャル・ベース
91)海上保安庁のCSI兼技術開発本部
92)見学者200万人突破! 横浜の北朝鮮工作船
93)日々精進・訓練施設あれこれ

 第14章 雑学・海上保安庁 〈米田 堅持〉
94)海上保安庁の人気イベント 観閲式とミニ観
95)海上保安庁の広報活動
96)海のもしもは 「118番」
97)港長は海上保安官
98)海上保安官の「日常」
99)女性海上保安官募集!
100)海上保安官の勤務地 最果ての地は?

*保安本部等の所在地と情報窓口

メインメニューに戻る