潜水艦 100のトリビア
2012年9月号増刊 通巻第766号


 海の忍者として登場し,今や現代海軍の最重要艦種の一つに上り詰めた潜水艦100のトリビア。好評の「戦艦大和」「自衛艦」「空母」の続編で,潜水艦の歴史や潜航・浮上のメカニズムなどを楽しく解説。4択クイズ100問付き。

本体2,000円+税 税込価格の換算表はこちら
送料200円  B5判168頁(カラー8頁)



特別キャンペーン!
送料無料オンライン注文受付中
 

ここをクリック!

*送料の無料サービスは日本国内限定です。
●目 次----------------------------------------------------------------------------------------
〈巻頭カラー〉現代海軍の主力艦!
          世界の代表的潜水艦を見る
目次
略語・用語解説

第1章 潜水艦の基礎知識〈小林 正男〉
1)潜水艦の特性
2)潜水艦の任務
3)潜水艦の種類
4)潜水艦の排水量と寸法
5)潜水艦の状態 全没/露頂/浸洗/浮上/沈座
6)潜水艦の速力/深度/姿勢の計測方法
7)潜水艦の艦位測定はこうして行なう

第2章 潜水艦の構造〈幸島 博美〉
8)船型と船体抵抗(サンプルPDFファイル)
9)耐圧船殻の構造と材質
10)潜水艦のステルス技術(その1)
11)潜水艦のステルス技術(その2)
12)注排水タンク
13)自動懸吊装置
14)潜水艦の舵

第3章 潜水艦の推進システム〈幸島 博美〉
15)推進プラントの種類
16)原子力推進のメカニズム
17)潜水艦用ディーゼル 2サイクルと4サイクルの得失
18)電 池
19)推進電動機
20)シュノーケル
21)ワルター・タービン
22)AIP機関の種類
23)推進器

第4章 潜水艦の兵装〈多田 智彦〉
24)潜望鏡(サンプルPDFファイル)
25)ソナー 
26)電測兵器
27)指揮管制装置
28)魚 雷
29)魚雷発射装置
30)SLBM
31)SLCM
32)USM/UAM
33)潜水艦用機雷とその敷設方法
34)備砲 
35)搭載機と関係設備

第5章 潜水艦の運用〈北林 雄明〉
36)艦内編成
37)指揮管制施設 艦橋/司令塔/発令所
38)操艦号令詞
39)通信システム 艦内/艦外
40)散開線
41)目標運動解析
42)魚雷射法(サンプルPDFファイル)
43)無制限潜水艦戦
44)狼群戦法
45)追躡触接反復攻撃
46)特殊部隊支援任務 その今昔
47)海底からの脱出 潜水艦事故対策の歴史
48)戦略原潜のオペレーション
第6章 潜水艦史上に名を残したフネブネ〈阿部 安雄〉
49)「ホランド」 世界最初の実用潜水艦(サンプルPDFファイル)
50)「UB48」級 帝政ドイツの量産型潜水艦
51)「U139」級 巡洋潜水艦のルーツ
52)「K」級 蒸気推進の艦隊型潜水艦
53)「M1」 巨砲搭載潜水艦
54)「R」級 世界最初の対潜潜水艦
55)「VIIC」型 潜水艦の量産記録
56)「ガトー」級 対日戦で猛威を振るった米艦隊型潜水艦
57)「XXI」型 水中高速潜水艦の嚆矢
58)「伊400」型 水上攻撃機を3機搭載した潜水空母
59)「アルバコア」 技術開発に大きく貢献した実験潜水艦
60)「ノーチラス」 原子力潜水艦第1号
61)「ジョージ・ワシントン」級 世界最初の戦略原潜
62)「アルファ」型 チタン船体の超高速原潜
63)「タイフーン」型 史上最大の潜水艦
64)「コンカラー」 原潜初の戦果!
65)「209」型 輸出潜水艦のトップブランド

第7章 潜水艦にまつわる話題あれこれ〈勝目 純也〉
66)潜水艦と国際法
67)潜水艦と軍縮
68)海大型と巡潜型
69)3の付く潜水艦は縁起が悪い
70)日本が取得した帝政ドイツのUボート
71)日本潜水艦による米本土砲撃(サンプルPDFファイル)
72)第2次大戦中の日独潜水艦連絡作戦
73)第2次大戦中の独Uボート作戦
74)オペレーション・デッドライト
75)殉国碑
76)海上自衛隊で最も代を重ねた艦名「くろしお」
77)潜水母艦

第8章 潜水艦史上に名を残した人々〈川村 庸也〉
78)「ホランド」 実用型潜水艦開発の先駆者
79)「佐久間勉」 サブマリナーの亀鑑
80)「ヴェッジゲン」 一度に3隻の大型艦を撃沈
81)「テヒェル」 帝政ドイツを代表する潜水艦技術者
82)「アルノー」 史上最高の潜水艦エース
83)「友永英夫」 日本海軍を代表する潜水艦技術者
84)「クレッチマー」 第2次大戦の潜水艦エース
85)「オケーン」 対日潜水艦戦のエース
86)「リッコーヴァー」 原子力潜水艦の父

第9章 潜水艦生活〈高森 直史〉
87)潜水艦の艦内環境
88)当 直(サンプルPDFファイル)
89)調理設備
90)食 事
91)洗身設備
92)トイレ
93)艦内娯楽
94)ディーゼル・スメル

第10章 潜水艦乗員の教育と訓練〈小林 正男〉
95)潜水艦乗員に求められる資質
96)ドルフィン・マーク
97)ノウ・ユア・ボートの精神
98)潜水艦乗員の教育
99)潜航訓練装置
100)練習潜水艦

メインメニューに戻る