1997年 8月号

世界最大客船
「カーニバル・デスティニー」拝見!

 昨年11月にデビューした史上最大の客船カーニバル・デスティニーは、就航以来絶大な人気を博し、わか国からもすでに数千人か乗船したという。ここにその公室の一端をお目にかけよう。101,353総トン。全長272.2メートル、船客定員2,642名(2名ベース)、3,360名(最大)。なお、同型2番船カーニバル・トライアンフは当初の99年より若干早まって来年末就航の予定で、さらに3番船カーニバル・ヴィクトリーが先頃発注され、こちらは2000年夏に就航することになっている。


左舷前方から見た姿。ハウス上部4デッキにはベランダ付き客室がずらりと並ぶ。カーニバルの客船でこれだけ多くのベランダを持つのは本船だけである。

<A.HERNANDEZ>


上部のリド・エリアのウオータースライダーの上から後方を見たシーン。ファンネルは同社初の新造船トロピカール(36,674トン)以来本船まで、大きさこそ異なるものの形状、カラーニングは変わっていない。画面手前右手は吹抜け天井のガラスドーム

<CCL>


アトリウム「ロータンダ」。本船の中央やや前部にある9層の吹抜けで、写真は2層目(ロビー・デッキ、3階)のフラッグシップ・ホールから上方を見たもの。ここから5階(プロムナード・デッキ)までの3デッキに主だった公室が配置されており、吹抜けも3層分だけ広い。右手のシースルーエレベーターは10階のスパ・デッキまで通じている。

<CCL>


メインメニューに戻る