1997年 8月号

海上自衛隊の平成9年度遠洋航海
<第一報>

 先月号アート頁で紹介したように、練習艦“かしま”と護衛艦“まつゆき”で編成された平成9年度練習艦隊(司令官勝山拓海将補)は、去る4月21日、東京港晴海埠頭から北米・南米方面遠洋航海の途についた。今年も本誌では、各寄港地ごとに部隊から寄せられたカラー写真を、9月5目の東京帰投まで順を追って紹介しよう。ここには第1報として、東京出港からパール・ハーバー入港時(5月2〜6日)までのスナップを掲載した。

撮影:練習艦隊司令部 藤田3曹


補給艦"とわだ"から洋上給油を受けて、増速離脱中の"かしま"。ウイングでは艦長以下が手を振って別れを告げている。東京出港2日後の4月23目撮影。

パール・ハーバー入港前目の5月1目に実施されたハイライン訓練の一齣。実習幹部の指揮により"かしま"から"まつゆき"に乗員を移送中のシーン。

"かしま"の76ミリ単送砲発射の瞬間。この砲は伊OTOメララ社が開発したベストセラー艦砲で、わが国でも護衛艦などに広く搭載されている。4月29目撮影。


メインメニューに戻る