1997年 7月号

「ぶんご」進水!
海上自衛隊の新造掃海母艦

 1997年4月24日、三井造船玉野事業所に於いて、平成7年度計画による新造掃海母艦「ぶんご」が進水した。本艦は去る3月19日に竣工「うらが」の2番艦で、就役は来年3月の予定。基準排水量5,650トン、全長141メートル、幅22メートル、喫水5.4メートル、主機ディーゼル、2軸、速力22ノットで、掃海艇に対する母艦機能を備えると共に、76ミリ短装砲1門と機雷敷設装置一式、航空掃海具を装備する。

写真:岡崎 節夫


滑走台を滑り降りた直後の「ぶんご」。艦尾中央部の大型ハッチは、航空掃海具の繰り出し口で、その両側の二段重ねのハッチ4基が機雷敷設用である。

同じく、滑走台を滑り降りた直後の「ぶんご」。遠方に見えるのは、艤装中の新型輸送艦「おおすみ」である。


メインメニューに戻る